真宗で味わう『日々是好日』

み仏さまの光明に護られて送る一日一日は浄土に向かっての旅です。二度とない今日という一日が尊く光輝いています。いろいろな問題や悩みもやってきますが,それも仏様に護られている上での出来事ですから心の底には安心感があります。一日一日を大切に生きながら折々に感じたことを書き留めていきたいと思います。


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--_
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家づくりを通して

  1. 2016/06/25(土) 13:27:48_
  2. 日記
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
 今年1月にマイホームが完成した。完成するまでにはいろいろなことがあった。まずは家の構想を練る段階からスタートした。何回何十回と用紙に間取りを書いては修正することの繰り返しが続いた。そんな姿を見ていた妻も,最初は乗り気ではなかったもののいつの間にか新居を建てることに賛同してくれるようになった。妻と一緒にモデルハウス見学にもよく出かけた。内覧会のチラシがあると暇を見つけて出かけた。いろいろな住宅を見学し,我が家に取り入れたいものを選んだ。業者が決まり,提示してくれた間取り図,外観図をまたさらに何回何十回と赤ペンで修正した。修正を繰り返していく中で,いろいろな課題が解決され,次第に自分の理想に近い住居になっていった。この家は自分だけの家ではなく,帰ってくる我が子の家でもある。子どもにとって不足のない満足できる家にしたいと思ってさらに修正を重ねた。契約のサインを交わしてからも,工事が始まってからも設計の部分修正は続いた。家の内部構造はもちろん外壁のタイルや色の選択にも時間をかけた。とにかく構想段階から設計,工事に至るまで1つ1つのことにこだわりを持って作業を進めた。家の隅々まで神経を張り巡らしてできたマイホームである。家を建てることは本当に一大事業であることを身を持って知らされた。業者選び,引っ越し作業,旧家屋の解体に始まり,新家屋の設計施工を通して,本当に数多くの業者と顔を合わせ,打ち合わせをしてきた。大変な数の人々の受け持ちのおかげで1軒の家が立つことを実感した。また,家を建てることは大変な作業で,労苦が重なり命を落とすこともあると聞くが本当にその通りだと思った。
 今度の家づくりを通して,阿弥陀様の心に触れる有り難いご縁になった。阿弥陀様は,お浄土の設計だけで五劫もの長い間思惟に思惟せられた。修正に修正を加えられ,他の浄土に負けない最高のお浄土にしようとされた。その上さらに命を削られての兆歳永劫のご修行,我々の想像も及ばないご苦労により建立されたお浄土と聞いている。お浄土を家に例えるのは失礼だが,その家は一体誰のために建てられたのか。ご自分のことは抜きにして帰ってくる我が子のためだけではなかったか。我が子とは一切衆生であるが同時にこの私自身のことでもある。
 私のためにそこまでして建てて下さった家に,私が帰らなかったら,住まなかったら意味のないものになってしまうではないか。「早く帰って来いよー」と呼んでくださっていることを聞かせていただいたら「ハイ。ありがとうございます。もったいのうございます。」と素直に返事して帰らせてもらう以外に何かあるだろうか。お浄土に住まわせてもらうことを今から楽しみにしてお念仏させてもらうだけである。南無阿弥陀仏。南無阿弥陀仏。
スポンサーサイト

弥陀の名号(加茂仰順師)より18

  1. 2016/06/18(土) 22:22:39_
  2. 仏法
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
 平生業成とは,いま,ここで,ということです。即ち私の助かる場所は,いま,ここをのけたら外にはないというのが平生業成のこころです。わが胸が大丈夫になったから助かるのではない。安心したから助かるのではない。こちらがまちがいないとならねばさびしい私です。しかしみなそういうことに用事がなかったのです。信じたで,聞いたでと腰をおろすのは,六字を眺めものにしているのです。わが胸を当てにするのが自力心です。こちらには用事がなかったのです。聞いて助かろうとするのが私ですが,それは六字がお留守です。
 尼崎のお同行のお母さんは,末代無智の御文章を何遍も拝読してみて,気が付いたことには,御文章のどのお言葉もみな私に出来ないことばかりでした。私にできないことばかりをお示し下さるということは,裏側から言えば,全部が全部みな如来のおはたらきであることを知らせんがためのものでしたと言うて泣いていられたということです。
 たずねかえしのできん法,ことわりのきかん法でありながら,ことわりずめの私です。出る息,入るを待たないとはお聞かせいただいているのに何ともないのがこいつです。法蔵菩薩の兆載永劫のご苦労は誰のためだったのか…。聞いているようでちっとも聞いていない。今死んだらどうなるか。信じるまでは助からんが,信じたら助かると思っているのがこいつです。この心は法を聞くきっかけにはなりましょうが,大きな間違いです。
 実際は助ける法が先に来ていたのです。こちらのきづかいは手遅れです。こちらが負けです。その手遅れの法,その負けの法に遇わされるのです。こちらが確かなものになることのいらない法に遇うのです。先手のお助けとはこのことです。聞いたこと,信じたことが間に合うように思うてきばっていたこいつです。それが手を出して聞いていたのでした。背中を向けていたのです。しかしこちらが手遅れです。手遅れならば,どれほどやっても無駄です。その法が耳から入り,出るところがないから口から出るのです。それが御名を呼ぶ称名です。
 


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

アグリ長八

Author:アグリ長八
私の家は先祖代々農業を営んできた。私もまた受け継いだ田畑を守り、地域の先輩や仲間と共に米作りに勤しんでいる。曽祖父の名前が長八だったからであろう、物心ついた時から「ちょうはっつぁん」と呼ばれていたのを覚えている。我が家の仏壇には手垢のついたお聖教(正信偈や御文章)がたくさんある。仏縁の深い家に生まれたことをありがたく思っている。ふとしたきっかけでお寺参りをするようになり、仏様のみ教えによってお育てを頂いている。お育てにあずかりながら日々心の中に湧き出てくる私なりの味わいを記していきたい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

日々是好日

リンク

Designed by U-BOX

« 2016 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


FC2Ad

▲PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。