FC2ブログ

真宗で味わう『日々是好日』

み仏さまの光明に護られて送る一日一日は浄土に向かっての旅です。二度とない今日という一日が尊く光輝いています。いろいろな問題や悩みもやってきますが,それも仏様に護られている上での出来事ですから心の底には安心感があります。一日一日を大切に生きながら折々に感じたことを書き留めていきたいと思います。


弥陀の名号(加茂仰順師)より11

  1. 2015/12/31(木) 22:55:31_
  2. 仏法
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
堕ちると思うても,思わなくても堕ちることは必定です。ところが,有り難いことには,堕ちるより外ないこの身が如来の正客であると仰せられるのでありますから,堕ちるこの身のなりを助けるぞよのおまことが聞こえたところに,安心となります。ところがまた,その安心をしたい心からなやむ場合がありますが,その心持を打ち割ってみれば,安心できたらお助けにあずかりうるという気分があるわけです。安心できたらお助けと思う心は,帯をしめて,着物を着るようなもので,順序を誤っているのです。私たちは着物を着て帯をしめるのですから,弥陀のお助けが聞こえたところに,安心となるのです。さらに言えば,お助けに安心させてもらうのです。安心したい,落ち着きたい,よろこびたいの思いが先に立つのではなく,お取り次によってお助けをお助けと聞かしてもらうところに,安心したいの思いには用事がなくなって,およびごえのままに安心させられ,落ち着かせてもらうのです。ここのところをおかる同行は,「如来の仰せを聞いてみりゃ,聞くより先のお助けよ。何の用事もさらにない。用事なければ聞くばかり」と述べております。
スポンサーサイト





NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

アグリ長八

Author:アグリ長八
私の家は先祖代々農業を営んできた。私もまた受け継いだ田畑を守り、地域の先輩や仲間と共に米作りに勤しんでいる。曽祖父の名前が長八だったからであろう、物心ついた時から「ちょうはっつぁん」と呼ばれていたのを覚えている。我が家の仏壇には手垢のついたお聖教(正信偈や御文章)がたくさんある。仏縁の深い家に生まれたことをありがたく思っている。ふとしたきっかけでお寺参りをするようになり、仏様のみ教えによってお育てを頂いている。お育てにあずかりながら日々心の中に湧き出てくる私なりの味わいを記していきたい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

日々是好日

リンク

Designed by U-BOX

« 2015 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


▲PAGETOP